Page: 1/1   
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
長崎莉奈
長崎 莉奈(ながさきりな)ちゃんのプロフィールです。

長崎 莉奈(ながさき りな、1987年9月26日 - )は、東京都出身のグラビアアイドル、タレント。株式会社G.P.R所属。東京都立広尾高等学校卒業、立教大学文学部在学中。

ながさき りな
長崎 莉奈 プロフィール
愛称: りなっち
生年月日: 1987年9月26日
現年齢: 20歳
出身地: 日本・東京都
血液型: A型
公称サイズ(2007年時点)
身長 / 体重: 162 cm / ― kg
スリーサイズ: 80 - 57 - 83 cm
単位系換算:[表示]
身長 / 体重: 5′ 5″ / ― lb
スリーサイズ: 31 - 22 - 33 in


■ 略歴
2005年、雑誌掲載等を経ずにイメージDVD発売で異例の芸能界デビューを果たす。以降次々と発売したイメージDVDが好セールスを記録し数々の週刊誌や漫画誌の表紙を飾る。
講談社「週刊ヤングマガジン」の黒ブタ元気ガールズの一員を経て、ライバル社の集英社「週刊ヤングジャンプ」のグラビアに進出。
光文社FLASHエキサイティング誌2006年〜2007年の「U-19アイドル人気ランキング1位」に選出された。

■ 人物
趣味は買い物。また、映画鑑賞の趣味も持つ。
特技はバレーボール。高校ではバレーボール部のキャプテンを務めた。
女優業に興味があり、黒木瞳のような演技で人に感動を与えられる女優、年を重ねても美しい女優を目指している。
アイドル評論家・北川昌弘から「現代的で都会的なイマドキ系キュート娘にもかかわらず、驚異的なアイドル性を合わせ持つ逸材」「次代系ニュータイプギャル」と絶賛され、「次世代のグラビアアイドル1候補」「次代グラビアクイーン候補」と言われる。

■ 出演

■ テレビドラマ
女子アナ一直線!(2007年7月2日- 、テレビ東京系) - 南ゆかり 役

■ バラエティ
スペシャにチャレンジ 音知連(2007年4月- 、スペースシャワーTV)

■ 映画
怖い顔(2006年) - 清水美佐子 役

■ オリジナルビデオ
こっくりさん(2007年) - 千世 役

■ リリース作品

■ 写真集・ムック本
RINARINA(2005年4月、毛利充裕、彩文館出版)
LOVER DACKY(2007年2月、西條彰仁、晋遊舎)

■ Video & DVD
Rinacci #1(2005年2月25日、ベガファクトリー)
The Prime(2005年4月22日、ライブドア)
Rinacci #2(2005年8月25日、ベガファクトリー)
Happy☆Beach(2005年11月20日、ラインコミュニケーションズ)
りな日和(2006年3月25日、GPミュージアム)
milky fox(2006年6月21日、ポニーキャニオン)
NINE BALL(2006年9月22日、リバプール)
dejavu(2006年12月22日、リバプール)
What's Up!(2007年5月25日、フォーサイド・ドット・コム)
(共演作品)

フクリナ(2005年12月22日、エアーコントロール)福愛美と共演

■ 写真集&DVD
プレミアムBOX「莉奈17、思い出の夏。」(2005年、Alex-Won、ブレインストーム)

■ トレーディングカード&グッズ
長崎莉奈コラボレーションBOX〜Rina☆Special〜(2006年8月11日、さくら堂)

■ WEB写真集
長崎莉奈 秋を告げる風 編〜(2007年9月14日、@misty)

■ 関連項目
グラビアアイドル
ファイブスターガール

■ 外部リンク
RINA WORKS - 長崎莉奈オフィシャルWebサイト
http://www.rinacci.com/

■動画
沖縄撮影風景


東京ドライブデート


セクシー水着映像
| allidol | 23:43 | - | - | pookmark |
仲村みう
仲村みう(なかむらみう)ちゃんのプロフィールです。

愛称: みうみう
生年月日: 1991年3月14日
現年齢: 16歳
出身地: 日本・岩手県(青森県)
公称サイズ(2006年時点)
身長 / 体重: 156 cm / 48 kg
BMI: 19.7(普通体重)
スリーサイズ: 87 - 57 - 87 cm
ブラのサイズ: D
靴のサイズ: 24.5 cm
単位系換算:[表示]
身長 / 体重: 5′ 2″ / 106 lb
スリーサイズ: 34 - 22 - 34 in

活動
デビュー: 2005年
ジャンル: グラビア
モデル内容: 水着・ブルマー・メイド
他の活動: Tax House大学ビジネスマナー講座の講師
その他の記録
ミスマガジン2006 ミスヤングマガジン受賞

仲村 みう(なかむら みう、1991年3月14日 - )は、日本のタレント、グラビアアイドル。岩手県出身(生まれたのは青森県)。スタイルエージェンシー(有限会社アイアップ)所属。血液型B型。

■ 来歴
2005年、現所属事務所スタイルエージェンシーの地方アイドル発掘オーディションの携帯サイトに応募したことで芸能界入り。当初は岩手県から東京都へ通うのが難しいということで、ブログを始める。その後、夏休みに上京し撮影会アシスタントなどを経験し撮影モデルに。それからは岩手県から毎週東京まで通って活動を続ける。
2005年、『Beppin-School』10月号でグラビア初登場し正式な芸能界デビューを飾る。しばらくはお菓子系雑誌で人気を獲得していた。
2006年、3月以降は正統派グラビアへ路線転換。講談社主宰のミスマガジン2006にてミスヤングマガジンに選出される。
2007年、正統派グラビア&アイドル路線を続けつつもお菓子系雑誌にも復帰。従来の過激グラビア路線と並行して活動するようになる。4月に、足の裏しか写らない変わったCMに出演した。その時に、素足の裏にペンで顔をかいて、本人はくすぐったがっていた。

■ プロフィール
デビュー当初はローティーンとは思えないほどの際どい水着で多数の過激なポーズを披露し、同年代のローティーンモデルを押しのけ話題となり支持される。趣味はカラオケ、イラストを描くこと、ビリヤード。特技は似てないモノマネ。
アイドルファクトリー専属契約モデル。
清純いもうと倶楽部看板モデル。
Tax Houseイメージガールグランプリ。
一時期ミスマガジンフットサルチームのメンバーだったが、現在は退団。

■ 人物・エピソード
小学校3年生の頃にモーニング娘。の影響を受け、アイドルを目指すようになった。またその過程で様々なアイドルに興味を持つようになり、自他共に認める「アイドルマニア」になる。なお、本人の「尊敬するアイドル」の中にはお菓子系アイドルの先輩にあたるしほの涼や木嶋のりこ、みひろも含まれている。
中学1年生の頃にパンクロックやビジュアル系バンドに傾倒したことがあった。ハロプロ系に惹かれたものの、自分のカラーとは明らかに違い、尚且つ「人と同じことをやりたくない」という信念からである。またその頃テレビで見たNHKのしゃべり場で大槻ケンヂが発した「批判はされても俺は俺だ」との言葉に「自分を持っていてかっこいい」と感化されて、ファンになる。
中学生の頃、友人たちと共にビジュアル系バンドを組んでいた、グラドルとしては異色の経歴を持っている。
そのためか音楽の好みに関してはハードロックやヘヴィメタルが好きだと思われることが多いが、
本人によるとジャンル毎の好き嫌いはなくどんなジャンルの曲でもよく聞き(カラオケで)歌うとのこと。
自身が受賞する前年のミスマガジン2005に当時Hana★chu→モデルとして活躍していた北乃きいがエントリーしているのを見て一読者として投票していた。しかし自分が翌年同じ立場になるとは全く思っていなかった。
自身の最終的な目標は女優になることであるが、グラビアアイドルであることに相当のこだわりがあり、年齢にそぐわない水着での過激なショットやゴスロリ調のコスプレ、笑わない表情など、その殆どがひらめきによる自己プロデュースによるものである。
※以上、QuickJapanVol.68「特集・グラビアアイドル」のインタビュー記事より。

雑誌のインタビューでコスプレ好きであることを公言しており、「(岩手にいた頃から)衣装(ゴスロリ等)を作ってコスプレしていた」「東京で本当にコスプレしている人が沢山いるのを見て嬉しかった」「自宅では(コスプレの)猫耳をつけている」「アイドルじゃなかったらメイド喫茶の店員になりたかった」等の発言をしている。
また、写真集の撮影時に「ホテルで着る私服」としてゴスロリ衣装を持参、撮影時の衣装に流用したことがある。
芸能活動に関しては「周りには秘密にすること」を条件に学校から活動の許可を得たが、担任教諭が喋ってしまい周囲に知れ渡った。ちなみに、中学生としてはかなりハードな内容のグラビアやDVDが多いが、級友達は男女問わず応援してくれたという。また、本人によると周囲からは「女と思われていなかった」とのこと。
「ミスマガジン2006」発表時のコメントは、「15歳ですが、不思議系セクシーガールでがんばります」だった。なお、本人によると「ミスマガジンのセクシー・エロ担当」だったとのこと。
本人によると弟が(姉がミスマガジンに選出される以前からの)ヤングマガジン読者だが親に読ませないため自分のグラビアが載った号は実家に2冊ずつあるらしい。(親と弟がそれぞれ購入)
広末涼子や奥菜恵(またはその両方)に似ていると言われることがある。
アンパンマンのチーズのモノマネや松浦亜弥の声マネ、本人曰くよく滑るというアンパンマンのモノマネが得意である。
上京後、ペットに小動物を買おうと思いペットショップに行ったがそこにいたヘビに一目惚れ。予定を変更しそのヘビを購入、「雪乃丞」と名づけて飼育している。エサの冷凍マウスも気持ち悪がらずに扱っているとのこと。
2007年6月24日に雪乃丞は死んでしまった模様、本人ブログによる。現在は新しいペット(候補は小型の犬猫)を飼おうか考えている。

極度の人見知りで普段から無口であるため、フジテレビ系深夜アイドル番組「グラビアトークオーディション」で最後まで発言できず、司会のほしのあき、若槻千夏に存在を忘れられていた。唯一の発言が「何でここにいるかわからない」で、当然1週で落とされる。しかし本人はアイドル同士のTV出演と言う事で相応のやる気があったようだが、周囲のあまりのぶっちゃけぶりに引いてしまったようだ。雑誌などのインタビューや自身のブログでは饒舌である。

■ 出演

■ テレビドラマ
拝み屋横丁顛末記(2006年12月2日、テレビ朝日) - 松川萌絵 役(第1話ゲスト)
しにがみのバラッド。(2007年1月29日、テレビ東京) - 藤島豊花 役(第4話ゲスト)
時空警察ヴェッカーシグナ(2007年7月6日〜、TOKYO MX) - 桐乃かすみ / 時空特捜キリー
ケータイ少女(2007年10月5日?、テレ玉)他放送局 チバテレビ、とちぎテレビ、西日本放送、あいテレビ、ファミリー劇場(スカパー ch.361)

■ バラエティ
E娘! ミスマガジン2006スペシャル(2006年3月30日、TBS / 2006年4月2日、BS-i)
E娘! ミスマガジン2006バトル(2006年6月8日・15日、TBS / 2006年6月11日・18日、BS-i)
ミスマガ! #03(2006年7月、USEN提供のパソコンテレビGyaO)
天使らんまん 夏休みSP(2006年8月、毎日放送)
グラドル女学院(2006年8月 - 、BSフジ) - 第1期レギュラー出演
グラビアトークオーディション(2006年10月 - 、フジテレビ)- 第1回出演

■ 舞台
メイド喫茶の神様(2007年4月13日 - 15日、シアターVアカサカにて)- 藤山晶 役
ケンコー全裸系水泳部 ウミショー(2007年8月2日 - 8日、全労済ホール/スペース・ゼロにて)- 姫川佳織 役

■ リリース作品

■ DVD
フェアリー・仲村みう14歳(2005年12月1日、アイドルファクトリー)
卒業・仲村みう(2006年3月30日、アイドルファクトリー)
現在のローティーンDVDのTバックシーンの元祖的な作品。14歳Tバックは実は仲村みうが初であり、泉明日香ではない。
みうみう(2006年7月29日、ジーオーティー)
グラドル女学院
ミスマガジン2006 仲村みう(2006年10月25日、バップ)
ラストステージ−仲村みう(2007年3月31日、アイドルファクトリー)

■ 写真集
Miuのうた(2006年11月、撮影:斉木弘吉、彩文館出版)ISBN 4-7756-0158-X

■ CD-R写真集
仲村みう CD写真集(2006年4月30日、アイドルファクトリー)
仲村みう CD写真集 ラストステージ序曲(2007年1月31日、アイドルファクトリー)

■ 外部リンク
オフィシャルブログ
仲村みうオフィシャルブログ

オフィシャルサイト
仲村みう専属契約メーカー

動画
秋葉原イベント無料動画

オフィシャルブログ
仲村みう個人ブログ

メーカー
仲村みう'S宇宙企画BOY

ファンブログ
仲村みう

■動画
セクシー水着動画 DVDラストステージから



メイドコスプレ




DVD第二段


制服姿


赤Tバック



Wikipediaより抜粋
| allidol | 15:16 | - | - | pookmark |